Can Type のホームページが新しくなりました。ローマ字入力なども練習も出来ようになりました。

ここに、flash player でタイプ練習画面を表示しようとしました。しかし、Internet Explorerのセキュリティ保護のため、表示が制限されました。タイプ練習のためのこの動画は個人情報を収集することはありません。Internet Explorerの情報バーの「ブロックされているコンテンツを許可」をクリックして下さい。
情報バーが見当たらない場合は、「表示」→「最新の情報に更新」をクリックしてみて下さい。情報バーが表示されることがあります。

なお、flash player がお使いのパソコンにインストールされていない場合も、この表示が出ることがあります。Adobe社のダウロードページから flash player をインストールしてください。

このページは、フルキーボードの右端についているテンキー用です。
連続しての練習は腱鞘炎などを起こすこともあります。休憩を取りながら練習しましょう。

USB外付けテンキー(00キー付)の練習はこちらです。

USB外付けテンキー(000キー付)の練習はこちらはこちらです。

この練習ソフトは flash で作成されています。どのように動くのか簡単に説明しましょう。

flash がスタートすると、画面の指が動いて、1、2、3・・とテンキーから入力する動きを示すデモ画面が表示されます。また、練習画面中央のメモ用紙には、打った指をホームポジションに戻すなどの練習当たっての注意事項が順次表示されますので、ご覧下さい。 練習を開始するには、練習画面左側のメニューボタンから練習コースを選択してクリックしてください。 最初は「0~9」メニューが良いでしょう。 選択後、0キーを打つと練習開始です。画面の指が入力動作を動きをしますので、それを見習って指を動かしてキーを打ってください。間違えたキーは再度練習するように問題が出されます。 正しくキーが打たれますと、今度は、メモ用紙の上に問題数字が表示されます。手元を見ないで問題数字を打ってください。間違えたキーは再度練習することになります。また、正しく打たれた場合はその数字を読み上げます。ミスし場合は「ミス」と音声で知らせます。

数字キーがタッチタイプで出来るようになったら、ローマ字入力を Can Type で練習してね。

お問い合わせはこちらへメールアドレスを示す絵askmeアットcantype.jp