Adobe社のダウロードページから flash player をインストールしてください。

タイピング練習サイト 「Can Type」

練習を始めるには

このサイトの先頭にある「大切な基本」又は「最初はこのボタンから」をクリックして下さい。どちらのボタンも同じ動作をします。最初に知っておきたい大切な内容ですので同じボタンを二つ作りました。

このボタンでは、ホームポジションへの指の置き方からガイダンスを始めます。

タッチタイピングの基本であるホームポジションキーや、そのキーから指を動かして目的のキーを打ち、打ったら直ちにホームポジションに指を戻すというタッチタイプの基本をここでしっかりと理解してください。

最初に覚えるキーは、K、I、F、R、の四つだけです。

慣れないうちは、キーを長く押したままにしてしまうことが起こりがちです。ポンと打ってさっとホームポジションに指を戻すことを心掛けましょう。

この四つのキーはキーボードを見なくても自信を持って打てる、というようになるまで練習を繰り返してください。

「大切な基本」を理解されたら

「見習って練習」ボタンで、あ行から練習していきましょう。ローマ字の入力では、あ行が最も大切です。

キーボードを見ずに画面の指の動きを見習って練習します。画面と同じように指を動かせなくても心配はありません。最初のうちは他の指も動いてしまうものです。それでも少なくとも一本の指、出来れば二本の指先はホームポジションキーに軽く触れているようにしましょう。

その触れている指が、打った指をホームポジションに戻すときの目安になります。全ての指が浮いてしまうとホームポジション位置が判らなくなってミスタイプが多くなります。

慣れない筋肉や筋を使うことになります。一度に覚えようとせず、休みを入れながら、ご自身で体調管理を行って練習をするようにお願いいたします。

あ行がタッチタイプ出来るようになれば、か行以降は一つのキーを覚えるだけでタッチタイプできる文字が増えていきます。か行は「大切な基本」でもうすでに覚えている、「k」キーです。

最初はローマ字を思い浮かべながら入力していますが、最終的にはローマ字ということを意識せずに指が動くようになることが目標です。その目標のために、ローマ字が表示されないコースが出現するようになっています。さらに、小さな声でもよいですから、練習する文字を口ずさみながら練習すると効果的です。

指の動きを見習う必要はないと思うようになったら、「習熟練習」に進みましょう。ここでもキーボードを見ずに練習することが大切です。手元を見ずに画面のみを見て練習しましょう。

同じ文章ばかりでは飽きることもあります。ご自分だけの練習文を作ることも簡単です。flash player がお使いのパソコンに保存します。メニューボタンに作った練習文が表示され、いつでも練習が出来るようになります。

このサイトから離れても、再度このサイトに戻ると、最後に練習したメニューから練習が再開できるように、コース名や練習結果などが表示されます。このデータはflash player が使っているパソコンに保存したものです。

それでは、この Can Type でタッチタイプを習得しましょう。

お問い合わせはこちらへメールアドレスを示す絵askmeアットcantype.jp